日焼け止めについて

日焼け止めの選び方紫外線の少ない時期、紫外線の多い季節の日常生活、海や山やスキーなどのレジャーでの日焼け対策など、シーンによって、日焼け止め選びは変わってきますよね。

 

日焼け止めだったら何でもいい、というわけではありません。かぶれてしまうこともあるので、自分に合った日焼け止めを選びましょう。いまは、ミルクタイプ、ジェルタイプ、スプレー、低刺激のものなど本当に様々な種類の日焼け止めが発売されているので、自分にぴったりの日焼け止めを探しましょう。

SPF値とPA値について

SPF値は、紫外線を浴びたとき何も塗らない状態と比べて、どれくらい経つと肌が赤くなるかを測定したもの。何も塗らないときは25分でSPF1。例えばSPF20なら8時間20分後に赤くなるということ。PA値は化粧品が紫外線A波を防止する効果がどの程度かを表したもの。

 

シーン別日焼け止めのSPF、PA数値のめやす

日常生活→SPF15~20程度。

レジャー→SPF30~50+程度。

冬場PA+、春から夏PA++~PA+++程度。