日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めも、ただ塗るだけでは効果も半減・・・。正しい使い方を知れば、ぐっと美白・美肌を守れます。

塗り方のコツ

・まず、量はケチらずたっぷりと使うこと。

・適量を額、両頬、鼻筋、あごの5点置きし、ムラなく伸ばします。このとき、日焼け止めは伸ばしすぎると薄くなってしまうので、肌にのせるような感じで塗りましょう。

・また、目元、小鼻、フェースライン、耳の後ろ、首などにも塗りのこしがないように。

・頬の高い部分など、焼けやすくまたシミができやすい部分には、重ね塗りを。

 

こまめに塗りなおそう!

・汗や皮脂などで日焼け止めは落ちてしまうので、2-3時間おきに塗りなおしましょう。

・手軽なスプレータイプの日焼け止めも発売されています。

メイクの上からは、まず汗や皮脂をティッシュオフし、UVカット効果のあるパウダーや、ファンデーションでこまめにお直ししましょう。

しっかり落とすこと!

特に、ウォータープルーフタイプの日焼け止めはしっかりとクレンジングして落とす!日焼け止め効果が高い分、つけたままにすると肌への負担も大きいです。

 

毎日落とすのが面倒な人は、普通の洗顔料やせっけんで落ちるタイプの日焼け止めを選びましょう。

 

日焼け止めの使用期限は?

約半年と言われています。開封して時間が経った日焼け止めは、雑菌が入ったり酸化してしまい、肌に負担を掛けます。余ってしまって、捨てちゃうのはもったいない!という方は、ボディ用にするのもいいでしょう。